ホーム   事業のご案内   メンバーの紹介   ご依頼の手順およびアクセス  

ABCコンサルティングニュース   事業メニュー   受注実績   お問い合わせ



ABCコンサルティングの
受注実績一覧表

(更新:2016. 6. 17)






区分 実績内容 担当者 受注先等 受注日
委託試験 【試験結果】
多孔性シリカ処理した水の植物に対する効果の科学的証明を受託し、
1/2000アールのワグネルポットを用いて栽培試験を実施。
処理水区では倒伏に強い堅牢な茎葉を示し、稔実歩合に優れ玄米収量も
極めて高く、かつ食味も良好であった。
実施日:2015〜2016
松本 聰  株式会社JBI 2015〜2016
取材対応 【取材対応】
バナナ特集におけるバナナの色による熟度と食品機能の関係について資料と
情報を提供した。(日本バナナ輸入組合と協働)
東 直樹  NHK 朝イチ 2015.2.
セミナー
講義
【講義】
セミナーテーマ:「限られた時間でも科学的根拠を得るための加速試験のコツと
食品期限設定」
[第1部] 保存・促進試験の設定・実施へ向けた取り組みの留意点
実施日:2014.04.24
岡見健俊  技術情報協会(五反田) 2014.
講演 【講演】
演 題 : 「農薬の安全性 ーリスクの評価と実際」
内 容 : 農薬の安全性評価の仕組みとそれに基づく法規制、およびその結果
として食品中の残留の検査結果から健康への影響の可能性はほぼありえない
実状にあることを話した。
関澤 純 株式会社伊藤園(社内勉強会) 2014.3.10
図書出版 【図書出版】
  「食品の安全と放射性汚染」―子どもとくらしの明日のためにー

内 容  筆者は「食品の安全と放射性汚染」について、事実をきちんと見つめ、どう対処すべきかを さまざまの立場の方と対話し考える試みを全国約50ケ所で続けてきたが、本書は食品安全 と健康関連テーマを中心に、信頼できる情報を確かめ事実を分かりやすく解説し、同時に 広島、長崎の被爆、核実験による放射性物質汚染との比較を加えた。
食品汚染と健康影響のほかに、除染や汚染水問題、福島・東北復興の取り組みについても 考える内容になっている。
図書の内容は、「15分で分かる食品の放射性汚染」(分かりやすい解説。15頁)、「個別テー マ24章」と「Q&A」(テーマ別の説明とQ&A。270頁)、「巻末資料」(背景説明資料。30頁) の多重的構成よりなっている。
注文はこちらから、価格:1800円+消費税
関澤 純 コープ出版 2013.12.24
翻訳出版 【翻訳】
「バイオテクノロジーの教科書 上巻(基礎・食品・環境)」講談社ブルーバックス
B1854(2014年2月)
「バイオテクノロジーの教科書 下巻(医療・産業・新技術)」講談社ブルーバックス
B1855(2014年5月)
田中暉夫
奥原正國
講談社(筑波大学 小林達彦教授を通して)
セミナー
講義
【講義】
セミナーテーマ『各種製造工場での異物混入、ヒューマンエラー防止のための
対策と遵守してもらえる効果的なルールの作り方』の中で、
第3部「毛髪・体毛を中心とした異物混入防止対策」を担当
実施日:2013.01.8
岡見健俊 葛Z術情報協会 2013.01
講義・講演 【講義】
「放射線とは、放射能とは」
日本獣医生命科学大学食品科学科1年生対象の講義の一環として、分かりやすく解説した。
実施日:2012年10月15日
野間 正名 日本獣医生命科学大学食品科学科 2012.
コンサル
ティング
取材対応
【雑誌監修】
  「バナナ『熟度』の健康機能について」のファクトブックの監修
【取材対応】
1)「はなまるマーケット」取材対応(平成24年4月27日)
  バナナの日焼け抑制効果
2)「産経新聞」取材対応(平成24年5月25日)
  「バナナの熟成度(緑色、黄色、茶色)と健康作用
【内容】
バナナの健康機能が熟成度(緑色・黄色・茶色)と対応して特徴づけられるとい う発信に対して、科学的論文の裏付けの調査と分かりやすく適正な表現となるよ うな監修を実施し、また各種試験の指導を行った。
また関連する取材への対応を行った。
バナナが含む健康成分として、高い抗酸化能、難消化性でん粉・食物繊維による 整腸作用、高含量のビタミンB6などが関係し、健康効果や各種の疾病予防効果に 関する科学論文等の調査が反映されている。
東 直樹 食品業界団体 2012.3.21
月刊誌執筆 【掲載誌】月刊雑誌 「資源環境対策」2012年、48巻1月号 p.35-40
(Journal of Resources and Environment) Vol.48, No.1(2012)p.35-40
「資源環境対策」はここをクリックして下さい。
【内容】: 特集「シルバー世代がもたらすサステナビリティ」
団塊世代のリタイヤに伴い中高年が急増する中、元気で経験・技術・ 知恵を 蓄積したOB達を活用して労働環境を活性化し、後世代に継承してゆこうという 動きに注目した特集が組まれた。
その一例としてABCコンサツティングの紹介を依頼された。
東 直樹 株式会社環境コミュニケーションズ 2012.
講義・講演 【講義】「放射線とは、放射能とは」
日本獣医生命科学大学食品科学科1年生対象の講義の一環として、分かりやすく解説した。
実施日:2011.10月31日
野間 正名 日本獣医生命科学大学食品科学科
1年生
2011.
講義・講演 【講義】「放射線とは、放射能とは」
原子炉事故に伴い、放射線および放射能について、分かりやすく解説した。
実施日:2011.6月2日
野間 正名 武蔵野大学政治学専攻学生 2011.
コンサル
ティング
【技術相談】
コンサルティング内容:商品開発の試作・提案と副産物活用のアドバイスを実施
実施日:2011.4月〜5月(継続中)
東 直樹 食品関連企業 2011.06.03
講習会 【講演会講師】
講習会題名:「加工食品における賞味期限の科学的決定法」
参加者  : 食品飲料製菓の企業の品質管理、開発担当者
実施日:2011.1.28
岡見健俊 工業技術会 2011.01
勉強会 【勉強会講師】
鹿沼商工会議所の仲介により、継続して鹿沼園芸用土に関する
技術開発勉強会を開催し、講師を派遣する。
実施日:2010.10.01〜
松本 聡 鹿沼園芸用土事業協同組合 2010.08
講義 「食品テクノロジー研究会」において、グリーン・イノベーションの
課題として「循環型農業について」を講演 
実施日:2010.09.29
松本 聡 日本食糧新聞社
「食品テクノロジー研究会」
2010.07
セミナー
講義
セミナー「わかっているようでわかっていない〜食品工場におけ
る異物混入防止対策」の中で、「毛髪・体毛を中心とした異物混入
防止対策」を講義。
実施日:2010.09.29
岡見健俊 葛Z術情報協会 2010.07
講演 農商工連携等支援プロフェッショナル人材育成検討委員会の
委員就任と講義
          @日本農業の現状と国の施策
     A除草剤開発と遺伝子組換え作物
実施日:2010.09〜2011.02
大塩裕陸 潟xンチャーラボ 
関西支社
2010.07
コンサル
ティング
【技術相談】
ゴルフ場の池の水質浄化試験を実施する3試験地を紹介
実施日:2010.07〜2010.10
大塩裕陸 大手食品メーカ研究所 2010.07
講演 【技術相談】
鹿沼園芸用土事業協同組合の技術相談につき、専門家の立場
からアドバイスした。
実施日:2010.07.02
松本 聡、
東 直樹、
中村吉宏
鹿沼商工会議所の仲介 2010.06.08
講演 【講演会講師】
市民を対象に、「発酵の不思議」を講演。
実施日:2010.05.26
東 直樹 羽村市消費生活センター 2010.05.12
講演 【講演会講師】
首都大学東京大学院人間健康科学専攻ヘルスプロモーション
サイエンス系の栄養・食品科学分野の院生と教員を対象に、
「研究者にも必要な企画力・経営力〜理系人間の生残り戦略〜」
を講演。
実施日:2010.5.14
東 直樹 首都大学東京 2010.05.07
取材対応 【小学館の週刊Big Comic「スピリッツ」の取材に対応】
「美味しんぼ」の作者である雁屋 哲氏から遺伝子組換え作物
の安全性に関して取材を受け、交配育種とも対比させて、
ニュートラルな立場で考えを述べた。
Big Comic「スピリッツ」の続・食と環境問題そのGNo.23(5.24.
発行)、そのHNo.24(5.31.発行)に掲載。
東 直樹 小学館 2009秋
講演 【株式会社技術情報協会主催のセミナー講師】
「具体的事例から見る食品製造における各種異物混入の原因
究明と防止手法」における「体毛及びヒト付随の異物混入を防ぐ」
を担当
実施日:2010.5.25(火)
「セミナー資料」
岡見健俊 株式会社技術情報協会 2010.3.23
翻訳 ヒトの体臭、口臭の発生原因菌に関する学術文献の調査、翻訳
及びその説明資料の作成
奥原正國 メーカー 2010.3.15
書籍監修 「知るほど、なるほど、バナナのチカラ!!」
出版:白馬書店
著者:山吉久雄
発行:2010年2月
価格:1400円
を食品化学・健康科学の面から監修
東 直樹 白馬書店 2009秋
評価 中小企業支援機関の中小企業向け助成金の審査 ABC組合員 中小企業支援機関 2009.01.25
講演 信州機能性食品研究会における機能性食品に関する講演 東 直樹 経営支援NPOクラブの仲介 2009.01.07
アドバイス 東京都下水道局下水道技術研究開発センターの見学会 協力アドバイザー 大手食品企業 2009.12.03
評価 大手食品会社の中期研究計画に関する外部評価 大塩裕陸 大手食品メーカー
(人材バンク会社の仲介)
2009.11.10
申請書
作成
補助金申請書作成 東 直樹
中村吉宏
食品関連企業 2009.08.05
講演・執筆 地球環境関連執筆:1件、
食品・畜産リサイクル関連講演:3件
肥料卸売業者向け講演:1件
松本 聡 出版社・大学・財団等 2009.04〜07
講演 首都大学東京 オープンユニバーシティ21年度 
秋―冬講座「社会的関心の強い 食の安全・安心対応と
日本が世界に誇る食の機能性研究を考える」における
「食の安心・安全;まな板からコンベアまで」を担当
岡見健俊 首都大学東京 2009.09.01
講演 株式会社技術情報協会主催のセミナー
「賞味期限の科学的決定法と期限切れ商品の取り扱い」における
「賞味期限の科学的設定法」を担当
岡見健俊 株式会社技術情報協会 2009.08.19
アドバイス 食品用消臭剤メーカーのコンサルティング 奥原正國 メーカー
(大阪のNPO法人の仲介)
2009.07.01
アドバイス 農業資材関連メーカーの新規事業アドバイス 大塩裕陸 メーカー
(人材バンク会社の仲介)
2009.07.01
講演 東東京マネージメント研究会講演
「発酵食品と発酵産業の過去・現在未来」
副題:
伝統的発酵食品を根とした現代の発酵産業の形成
東 直樹 東東京マネジメント研究会
(日刊工業新聞社の仲介)
2009.05.25
講演 平成21年度 首都大学東京大学院生命科学コース
大学院教育改革支援プログラム(文部科学省事業)
「企画評価力を備えた創造的生命研究者の育成」
企画経営演習(社会人経験者)講座
(企画・取りまとめ・報告書等を一括受注)
講義内容はここをクリックして下さい。
東 直樹 首都大学東京 2009.03.30
講演 「農商工連携による機能性食品のブランド化に
必要な中核バイオ人材育成」事業における講義
「フードビジネスにおけるリスク&クライシスマネジメント:
リスクコミュニケーション・安全と安心ギャップの解決」
(経済産業省平成20年度公募事業「産学連携人材育成事業」)
関澤 純 事業担当NPO法人 2009.02.06